スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソースからApacheのビルド


・ダイナミックモジュール
起動時の設定でどのモジュールを使うか選ぶ

・スタティックモジュール
モジュールが一体化した実行形式のファイルになる

・MPM(Multi Processing Module)
preforkとworkerどちらかのMPMを使う
preforkは1つの接続を1つのプロセスに割り当てる。PHPではpreforkを推奨している。
workerではプロセス内部のスレッドに1つの接続を割り当てる。処理性能はこちらが優れているらしい。

ソースのダウンロードやチェックサムの確認はこの辺から
http://httpd.apache.org/download.cgi


Apache HTTP Server (httpd) 2.2.21 is the best available version
とあるので、2.2.21が一番安定ってことで。

ここから、ApacheのUnix Sourceを取得する
http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache//httpd/httpd-2.2.21.tar.gz

configureしてみる
#########################
./configure \
--prefix=/opt/apache-httpd-2.2.21 \
--enable-mods-shared=all \
--with-mpm=prefork \
2>&1 | tee configure_log.txt
#########################

ここで、止まる。
#######################################################
checking for zlib location... not found
checking whether to enable mod_deflate... configure: error: mod_deflate has been requested but can not be built due to prerequisite failures
#######################################################


deflateなしでconfigureしてみると、どうなるか確認する
#########################
./configure \
--prefix=/opt/apache-httpd-2.2.21 \
--enable-mods-shared=all \
--disable-deflate \
--with-mpm=prefork \
2>&1 | tee configure_log.txt
#########################
いちおう、configureは通るが、もう少し掘り下げて、先ほどのmod_deflateを確認する

#########################
./configure --help | grep zlib
#########################
--with-z=DIR use a specific zlib library
./configure実行時に、外部ソフトウェアをwith引数で指定しないといけないらしい。

zlibをインストールしないといけない様なので、これはパッケージツールでインストールする
#########################
yum search zlib
#########################


============================================================================ Matched: zlib =============================================================================
perl-Archive-Tar.noarch : A module for Perl manipulation of .tar files
iptstate.i386 : A top-like display of IP Tables state table entries
jzlib.i386 : JZlib re-implementation of zlib in pure Java
jzlib-demo.i386 : Examples for jzlib
jzlib-javadoc.i386 : Javadoc for jzlib
perl-Compress-Zlib.i386 : A module providing Perl interfaces to the zlib compression library.
perl-IO-Zlib.noarch : Perl IO:: style interface to Compress::Zlib
zlib.i386 : The zlib compression and decompression library.
zlib-devel.i386 : Header files and libraries for Zlib development.

ぜんぜん分からん。後ろはCPUアーキテクチャで、パッケージ名はピリオドの前になるらしい。
ライブラリを組み込んでコンパイルする際には、ヘッダファイルも必要になるとの事なので、
#########################
sudo yum install zlib zlib-devel
#########################


もう一度、configureしてみる
#########################
./configure \
--prefix=/opt/apache-httpd-2.2.21 \
--enable-mods-shared=all \
--with-mpm=prefork \
2>&1 | tee configure_log.txt
#########################

この後は、
make
sudo make install
で終了。
スポンサーサイト
プロフィール

tjnet777

Author:tjnet777
Solaris, VPNのサポート業務を1年

金融系SIerで業務アプリの開発、メンテを3年半

離職して大学院大学 1年生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。