スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不要なサービスを停止する


必要最小限のサービスだけを稼働することで、
セキュリティホールを突かれるリスクを最小限に抑えます。

まずはサービス自動起動の設定を確認する。
ここではランレベル3で起動するサービスをチェックする。

# chkconfig --list | grep 3:on
crond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
httpd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:off 6:off
iptables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
network 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
saslauthd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:off 6:off
serversman 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
sshd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
syslog 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
xinetd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off




saslauthdはSMTP認証用のものらしい。特に不要みたいなので停止しておく。

# /etc/rc.d/init.d/saslauthd stop ←サービスの停止
Stopping saslauthd: [ OK ]
# chkconfig saslauthd off ←自動起動設定をoff


serversmanも不要?これについては時間のあるときに調べることにします。
スポンサーサイト
プロフィール

tjnet777

Author:tjnet777
Solaris, VPNのサポート業務を1年

金融系SIerで業務アプリの開発、メンテを3年半

離職して大学院大学 1年生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。