スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッケージの更新

yumというパッケージ管理ツールを用いて、
CentOSの更新パッケージを適用します。

yumはクライアント(ここでは私が使用しているVPS)とパッケージ管理を行うリポジトリサーバ
がやりとりして、依存関係を自動解決してくれる超便利なツール。


# yum update
(中略)
Transaction Summary
=============================================================================================================
Install 1 Package(s)
Update 70 Package(s)
Remove 0 Package(s)

Total download size: 108 M
Is this ok [y/N]: y
(中略)
Complete!


実際には、日々のパッケージ更新を手動で行うわけにもいかないので、
yum-cronを導入して、パッケージ更新を自動化します。
まずはインストールされているパッケージを確認。

# yum list installed | grep yum
Repository 'vz-base' is missing name in configuration, using id
Repository 'vz-updates' is missing name in configuration, using id
yum.noarch 3.2.22-26.el5.centos installed
yum-fastestmirror.noarch 1.1.16-14.el5.centos.1 installed
yum-metadata-parser.i386 1.1.2-3.el5.centos installed


yum-cronのパッケージは導入されていないので、インストール。

yum install yum-cron


インストールされた内容を確認する。

# rpm -ql yum-cron
/etc/cron.daily/yum.cron
/etc/cron.weekly/yum.cron
/etc/rc.d/init.d/yum-cron
/etc/sysconfig/yum-cron
/etc/yum/yum-daily.yum
/usr/share/doc/yum-cron-0.6
/usr/share/doc/yum-cron-0.6/COPYING
/usr/share/doc/yum-cron-0.6/README



処理内容を確認するため、/etc/cron.daily/yum.cronをのぞいてみる。

cat /etc/cron.daily/yum.cron
#!/bin/sh

LOCKFILE=/var/lock/yum-cron.lock

# Only run if this flag file is set (by /etc/rc.d/init.d/yum-cron)
if [ ! -f /var/lock/subsys/yum-cron ]; then
exit 0
fi

# Try mkdir for the lockfile, will test for and make it in one atomic action
mkdir $LOCKFILE 2>/dev/null || exit
# and clean up that lockfile if the script exits or is killed
trap "{ rmdir $LOCKFILE 2>/dev/null ; exit 255; }" INT TERM EXIT

# Grab config settings
if [ -f /etc/sysconfig/yum-cron ]; then
source /etc/sysconfig/yum-cron
fi

# if DOWNLOAD_ONLY is set then we force CHECK_ONLY too.
# Gotta check before one can download!
if [[ "x$DOWNLOAD_ONLY" == "xyes" ]]; then
CHECK_ONLY=yes
fi

# Then check for updates and/or do them, as configured
if [[ "x$CHECK_ONLY" == "xyes" ]]; then
if (! /usr/bin/yum -R 120 -e 0 -d 0 -y check-update >/dev/null); then
echo "New updates available for host `/bin/hostname`";
echo -e "`/usr/bin/yum -e 0 -d 0 -y -C check-update`\n"
if [[ "x$DOWNLOAD_ONLY" == "xyes" ]]; then
/usr/bin/yum -e 0 -d 0 -y --downloadonly update>/dev/null
echo "Updates downloaded, use \"yum -C update\" manually to install them."
fi
[root@dti-vps-srv15 cron.daily]# more /etc/sysconfig/yum-cron
# Don't install, just check (valid: yes|no)
CHECK_ONLY=no
# Don't install, just check and download (valid: yes|no)
# Implies CHECK_ONLY=yes (gotta check first to see what to download)
DOWNLOAD_ONLY=no
スポンサーサイト
プロフィール

tjnet777

Author:tjnet777
Solaris, VPNのサポート業務を1年

金融系SIerで業務アプリの開発、メンテを3年半

離職して大学院大学 1年生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。