スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHPのコンパイルオプションをちゃんと勉強する



--prefix=/usr
インストール場所

--exec-prefix
ほとんどの場合、prefixと同じで良いらしい

--bindir=/usr/bin
実行場所

--with-apxs2=/opt/apache-httpd-2.2.21/bin/apxs
Apache 共有モジュールをビルドします。
FILE は Apache apxs ツールへの パスで、デフォルトは apxs です。
Apache のソース Tarball に含まれる apxs を指定するのではなく、
そのシステムに実際にインストールされている バージョンの apxs を指定するようにしましょう。

--enable-mbstring
マルチバイト文字のサポート

--with-mysql=/usr/bin/mysql \
MySQLのサポートをインクルードする

--enable-pdo \
データベースの抽象化レイヤ
--enable-ftp \
FTPサポートを有効にする

--with-pdo-mysql=/usr/bin/mysql
MySQLサポート。右側には、MySQLのベースディレクトリを指定する
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【PHPのコンパイルオプ】

--prefix=/usr インストール場所--exec-prefix ほとんどの場合、prefixと同じで良いらしい--bindir=/usr/b
プロフィール

tjnet777

Author:tjnet777
Solaris, VPNのサポート業務を1年

金融系SIerで業務アプリの開発、メンテを3年半

離職して大学院大学 1年生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。