スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidの開発環境設定


Eclipseの導入、日本語対応は事前に行っておく。

■JDKのダウンロード
JDKのダウンロード(Java SE Development Kit)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
jdk-6u25-windows-i586.exeをダウンロード
これをインストール

JDKのパスを環境変数に追加
コントロールパネルから"システムの詳細設定"を選択して"システムのプロパティ"
を開く。環境変数ボタンをクリックして環境変数Pathの末尾に
"C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_25\bin"を追記。

■Android SDKのダウンロード
Android SDKを
http://developer.android.com/sdk
からダウンロードする

■Android SDKのインストール
ダウンロードしたら、任意のフォルダに展開し、SDK Manager.exeを実行して、
インストールを開始する。ネットワークに接続できる環境で行うこと。

Android SDKのインストールフォルダの中にある
・toolsへのパス
・platform-toolsへのパス
環境変数Pathに追加する
ここでは、
C:\android-sdk-windows\tools
C:\android-sdk-windows\platform-tools
を環境変数Pathに追加する

■Android SDKにADTプラグインをインストールする
Eclipseの"ヘルプ"メニューから"新規ソフトウェアのインストール"を
選択して"インストール"ダイアログを表示
以下を入力してOKボタンを押下
------------------------------------------------------
名前 AndroidPlugin
ロケーション http://dl-ssl.google.com/android/eclipse
------------------------------------------------------

■開発ツールをインストール
"使用可能なソフトウェア"の一覧に"開発ツール"が表示される
それぞれにチェックを入れて、"次へ"
インストール詳細で"次へ"
ライセンスのレビューで使用条件の条項に同意して、"完了"

■AVDマネージャを起動する
ウィンドウ > Android SDKおよびAVDマネージャー を選択すると
下記エラーが出た。
"The location of the Android SDK has not been setup. "

Eclipseの Window > Preferences > Android > SDK Locationに、
android-sdk-windowsのパスを入力して、"適用"

もう一度、
ウィンドウ > Android SDKおよびAVDマネージャー を選択すると
今度はうまくいった。Androidの開発環境設定

Eclipseの導入、日本語対応は事前に行っておく。

■JDKのダウンロード
JDKのダウンロード(Java SE Development Kit)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
jdk-6u25-windows-i586.exeをダウンロード
これをインストール

JDKのパスを環境変数に追加
コントロールパネルから"システムの詳細設定"を選択して"システムのプロパティ"
を開く。環境変数ボタンをクリックして環境変数Pathの末尾に
"C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_25\bin"を追記。

■Android SDKのダウンロード
Android SDKを
http://developer.android.com/sdk
からダウンロードする

■Android SDKのインストール
ダウンロードしたら、任意のフォルダに展開し、SDK Manager.exeを実行して、
インストールを開始する。ネットワークに接続できる環境で行うこと。

Android SDKのインストールフォルダの中にある
・toolsへのパス
・platform-toolsへのパス
環境変数Pathに追加する
ここでは、
C:\android-sdk-windows\tools
C:\android-sdk-windows\platform-tools
を環境変数Pathに追加する

■Android SDKにADTプラグインをインストールする
Eclipseの"ヘルプ"メニューから"新規ソフトウェアのインストール"を
選択して"インストール"ダイアログを表示
以下を入力してOKボタンを押下
------------------------------------------------------
名前 AndroidPlugin
ロケーション http://dl-ssl.google.com/android/eclipse
------------------------------------------------------

■開発ツールをインストール
"使用可能なソフトウェア"の一覧に"開発ツール"が表示される
それぞれにチェックを入れて、"次へ"
インストール詳細で"次へ"
ライセンスのレビューで使用条件の条項に同意して、"完了"

■AVDマネージャを起動する
ウィンドウ > Android SDKおよびAVDマネージャー を選択すると
下記エラーが出た。
"The location of the Android SDK has not been setup. "

Eclipseの Window > Preferences > Android > SDK Locationに、
android-sdk-windowsのパスを入力して、"適用"

もう一度、
ウィンドウ > Android SDKおよびAVDマネージャー を選択すると
今度はうまくいった。これでエミュレータを起動する為の前準備が完了
スポンサーサイト
プロフィール

tjnet777

Author:tjnet777
Solaris, VPNのサポート業務を1年

金融系SIerで業務アプリの開発、メンテを3年半

離職して大学院大学 1年生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。